爪にもできるカンジダ


つい先日、カンジダができてしまいました。 でも、別に大事な部分にできてしまったというわけではないんですよ。 じゃあ何処にできてしまったのか。 なんと、爪にできてしまったんです。 足の爪なのですが、ここ数日なんかかゆいなとずっと思っていたんですよ。 で、もしかして水虫か?と思いまして、すぐに病院に行ったんです。 水虫だって十分嫌ですからね。 でも、いざ診察を受けてみて出てきた診断は爪カンジダというものでした。 まさにそんなバカな、と言う状態でしたね。 しばらく言われた意味が分からなくて呆然としていましたから。 なんでも、この爪のカンジダは水虫と間違いやすいんだそうです。 まぁ、水虫だろうがカンジダだろうが、大ショックであることに変わりはありませんけどね。 とりあえずは1日でも早く回復できるように、しっかりと治療をしていきたいです。

女性だけでなく男性も発症することで知られているのがカンジダ症です。カンジダとは、男女問わず常在菌として人に存在しているカビの一種で、この菌が異常に増えてしまうことでカンジダ症を発症してしまいます。男性の場合は性器の亀頭にただれやかゆみなどを伴う症状があらわれたり、女性の場合はかゆみやおりものの異常などがあらわれたりします。一般的に男性よりも女性の方が、カンジダ症を発症しやすいことで知られています。

 

カンジダ性亀頭包皮炎

カンジダ膣炎っていう女性の病気のことは聞いたことがあったけど。 同じカンジダの病気に男性がなる亀頭包皮炎があるのは知りませんでした。 カンジダって、男子にも女子にも影響するって聞いたけど、このことだったのかなぁ。 カンジダはカビの一種ですけど、カビって他にも怖い病気の原因になりますよね。 身近な菌が亀頭包皮炎とかの原因になっちゃうのって、本当に厄介だよな?。 症状もかゆみとか痛みとかがあるから、楽なものでは決してないですしね...。

 

カンジダ性亀頭包皮炎とは、性行為などでペニスが傷ついたところへ、カンジダ菌が影響することで起きる病です。一般的には、性交渉による感染が一番多いと言われています。これは、男性の場合通常は性器が外に出ていることから、女性のようにカンジダ菌がのさばることも少ないためです。カンジダ性亀頭包皮炎を発症すると、かゆみや痛みを感じたり、白いカスのようなものが亀頭に出るようになったりします。性交渉が原因とされていても、性病ではありません。

 

カンジダ性亀頭包皮を自宅で治せる方法があるらしいです。参考になるサイトを見つけました カンジダ性亀頭包皮炎とは、男性に現れるカンジダによる症状として知られている病です。発症すると、亀頭部に炎症や痛みがあらわれるようになります。その多くは性行為が原因になって発症すると言われていますが、性病と言う訳ではありません。通常男性の場合、カンジダ菌の影響を受けることは少ないと言われていますが、性器に傷があったり包茎であったりと、菌が増殖しやすい状態にあると、カンジダ性亀頭包皮炎を発症してしまう傾向にあります。

 

男性カンジダの治療方法についての体験談

男性のカンジダは、女性同様に厄介な病として知られています。一般的に、男性はカンジダにはなりにくいと言われていますが、例外が存在します。男性の性器カンジダ症は、特に包茎の人の場合などに発症率が上がると言われており、症状を繰り返しやすいことから完治には時間がかかる病としても知られています。女性と比較すれば男性の発症率はまだまだ低いものですが、男性でもカンジダになる可能性があるという知識は持っていることが大切でしょう。
カンジダ

 

 

不妊対策に人気!マカの安全のための注意点

 

不妊対策にマカが人気です。
マカとはペルー原産のアブラナ科の植物で根の部分を薬用として使用します。
過酷自然環境で育ち、インカ帝国時代から重要な植物として栽培されてきました。
必須栄養素を多く含み、アルギニンをはじめとする大量のアミノ酸やジャガイモの倍異常の鉄分とカルシウムを含みます。
また、タンパク質、亜鉛などをバランス良く同時に摂取出来るために各種健康にサポートに適しています。
マカには血液の巡りをよくし、冷えを改善しアンチエイジング効果があります。
その為に不妊の改善効果が見込め、また男性側の精力回復、増大につながり、夫婦双方で飲むことで妊娠につながりやすくなります。
マカを摂取する際の注意点としては、目安量を守れば特に副作用は無いとされていますが、アレルギー反応が出る場合や、腹痛等がおこる可能性もあります。
また、ホルモン分泌作用があるために過剰摂取するとホルモンバランスが崩れ、生理不順や不正出血につながる可能性も出てきます。
婦人科の先生と相談しながら安全に効果的に摂取するようにします。
摂取するのならば安全なサプリメントを選ぶ必要があります。
国内メーカーが望ましく、また含有量、マカ自体の品質を見極める必要があります。